ブライダルフェアの持ち物は何を持っていけばいいの?

いざ、ブライダルフェアに参加することになったら、ちょっと不安になるのがブライダルフェアへ行くときに必要なものです。さすがに自分たちの結婚式という大切なイベントを決めるかもしれないブライダルフェアに手ぶらで気軽に行く訳にもいきませんが、大荷物でも恥ずかしいですからね。どうすれば、身軽にしかも、大切な荷物を持って行けるのか、何を持っていけば失敗しないのかを検証していきたいと思います。

 

どんなブライダルフェアに行くのかによって持ち物は違います。

 

ブライダルフェアは、総合的なものから、試食をするもの、ウェディングドレスを着るものなど様々な形式で行われべいる個別のものまで沢山の種類があります。ですから、自分がどのようなスタイルのブライダルフェアに参加されるのかによって、持ち物も変わってくるので、そこから見ていきましょう。

 

総合的なブライダルフェアに参加される場合

総合的なブライダルフェアというのは、結婚式場紹介サイトさん主催や、結婚式場が大々的に行う、年に数回行われているブライダルフェアです。ですので、結婚式場の紹介、チャペル結婚式の模擬デモンストレーション、小物作り、ウェディングドレスの試着見学会、婚約指輪、結婚指輪のご紹介、試食会など結婚式にまつわるすべての業者さんや、展示、企画などが入っています。

ですので、こちらに参加される場合に持っていくといいものは、大きめのバックですね。
各ブースにより頂くであろうパンフレッドがあると思うので、ちょっと大きめのバックを忍ばせておくとか、持っていくバックを大きくしておくといいでしょう。

それから、カメラやビデオカメラ、そしてメモ帳です。自分のイメージや思ったことを書く場所で記載しておき忘れないようにしたほうがいいでしょう、沢山まわっていくうちにどこだったっけ?と肝心なことを見落としてしまうことはありますので。

 

チャペル結婚式の模擬見学など施設を見ると言うことが多いブライダルフェアに参加する

この時には、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。結構会場を歩くと疲れるので、ヒールが高い靴などを歩きつけていない方は、無理せずに履きなれた靴を履かれる方がいいです。持ち物としては、両手が開くスタイルの方がいいかもしれません、色々と見ていくときに置き忘れた、持っていると会場を見る時に邪魔になるかもしれませんので、
もちろん、カメラ、ビデオカメラは持って行って、沢山その会場の雰囲気を納めてくると後で結婚式場を決める際にイメージが戻ってきやすいと思います。

 

試食会のついているブライダルフェアに参加する

カメラはスマホではないものがいいかもしれません。スマホだとカシャっと音が鳴りますので、出来ればレストランなどでは、静かなシャッター音の方がマナー的にはいいかなと思います
しかし、始まる前に一声ウェディングプランナーさんに検討のために写真を撮っていいですか?と断っておけば問題はないのかなとも思います。

最近では、SNSなどに投稿するために、普通にカメラを料理に向けていたりしますが、会場によっては、マナーとしてよくないなと思われる場合もありますので、その点は雰囲気を見ながら判断されるといいでしょう。判らない時はスタッフやウェディングプランナーさんに相談しておくといいです。

 

 

このように、いくつか見てみただけでも持っていくものは違ってきます。

絶対に忘れないで、どの会場でも必要なものは、カメラですね。
やっぱり会場の雰囲気や細かいチェックなどは、家に帰ってから写真でチェックして、結婚式を挙げたと思う場所を検討されるといいでしょう。今では便利なカメラグッツも売っていますので、準備していくと後で見直すのにとても助かるでしょう。

 

ブライダルフェアの持ち物は、これで大丈夫でしょうか?
上記に記載しませんでしたが、エチケットとしてハンカチ、ティッシュ、お財布など普段持ち歩いているものは、普通に持って行ってくださいね。

 

それからブライダルフェアに行く目的は、結婚式場を選ぶために行くので、思い入れがあるスクラッチブックなどこだわるものがあれば、もちろん持って行ってほしいです。参加してこうすればよかったと、後悔してしまうと思うなら、持っていくことを選んでほしいです。もちろん、最近ではブライダルフェアをデートとして活用しているカップルも多いですので、おしゃれして気軽に参加されてみてください。

 

ブライダルフェアに持っていくといいもののまとめ

ブライダルフェアは、多くのカップルの方が1回ではなく2~5回ほど参加されているごく当たり前のイベントになっております。
何を持っていくのか、どんな服装で行くのか回数をこなすうちに自分なりのスタイルが出来上がるかもしれません。持ち物や服装も大切ですが、ブライダルフェアを見ることが大切なので、何がない、これが欲しかった、荷物が重かったなど、荷物に気を取られない様に準備して、当日を迎えてほしいと思います。

良いなと思う、ブライダルフェアに参加して楽しい時間を過ごしてきてください。

 

ブライダルフェアに参加してみる⇒全国のブライダルフェア会場一覧